私たちは、建築予定物件の店舗図面を拝見することが多々ございます。 間取り、間口、サイン設置場所、設備等々で、もう少し早く見させていただきかったと思うことが多々あります。 特に、上層階が住宅となる物件では、店舗区画に工夫が必要となります。 この優先順位が下がると想定賃料を得られないリスクが発生します。

よくお話しするのですが、店舗物件の賃料は目安となる相場はありますが、基本的に「時価」となります。 同じ立地であったとしても、より売上が望める店舗であれば賃料は上がりますし、その逆もございます。立地を活かせない店舗ほど不幸なことはないと思います。

私たちは設計事務所でもデザイン事務所でもありませんが、店舗用物件の目利きには自信を持っております。 既存物件の賃料査定とリーシングの実績に裏付けされたノウハウにより、建物が立地の価値を更に高め、安定した賃料収入を得られるようなアドバイスをさせていただくことはできます。お気軽にお問い合せください。

Follow me!