店舗物件は引渡しの状態にも独特な表現があります。


 スケルトンとは、いわゆる骨組みのことで、 建物を支える柱・梁・床などの構造駆体の事をいいます。イメージとしては、コンクリートの打ちっ放しの状態です。 店舗物件で「スケルトン」と言われものは、店舗の内装設備が無い状態の事をいいます。

 

居ぬきとは、逆に店舗の内装・造作・営業用設備が残されている状態のことです。テナントが飲食店であれば早期に営業開始できることが最大のメリットで、 場合によっては食器類等がそのまま使えることもあります。

 

事務所仕様とは、すぐにオフィスとして開業できるよう床・壁・天井、空調や照明等の設備も既に付帯されている状態です。

 オーナー様が「どの仕様として貸出すのか」「退去する際にどのように原状回復するか」「費用負担」等々、お悩みになられることもあります。居ぬきで貸出して、退去時にはスケルトンに原状回復することもあります。

 募集・退去・建物の築年数・業種、いろいろな要因で判断する必要がございます。オーナー様がより良いご判断をするために、私たちの経験を活かしていただければ幸いです。お気軽にご相談ください。

Follow me!